商品一覧

江戸硝子

江戸硝子とは、職人による一つ一つ手作りのガラスの事で江戸時代により続く伝統の技です。
東京-江戸に於ける硝子産業は18世紀初めに鏡や眼鏡、風鈴などを製造したのが始まりとされています。その後明治に入ると江戸時代の技術を継承しつつ新しい知識や技術を欧米から導入し地場産業として大正、昭和へと発展して参りました。
そして、平成14年に東京都の「伝統工芸品」に指定され、さらに平成26年には国の「伝統的工芸品」に指定されました。
太武朗工房では、内側と外側の二層の合わせガラス(被せガラス)を手吹きにて作った「江戸硝子」へ彫刻(サンドブラスト)を施す事によって二色のコントラストを作り出し図柄を表現しています。

赤富士・波富士 浮世絵 黒小紋 琥珀小紋 小紋